『ぐりとぐら』絵本の読み聞かせ/動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ぐりとぐら』絵本の読み聞かせ/動画

『ぐりとぐら』絵本の読み聞かせ/動画

絵本:ぐりとぐら
作: 中川 李枝子 絵: 大村 百合子




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

絵本と言えば

まず「ぐりとぐら」を思い浮かべる人も

多いのではないでしょうか?

私も小学生の低学年の時、

図書館で借りてきたのを覚えています。

その時に見た、のねずみのぐりとぐらが作る

大きなカステラがとてもおいしそうで、

今でも当時の読書をしていた様子を

鮮明に思い出します。

『ぐりとぐら』絵本の読み聞かせ/動画

『ぐりとぐら』絵本の読み聞かせ/動画

ぐりとぐらシリーズは

今だにとても人気がある名作絵本ですね。

ぐりとぐらの作者、中川 李枝子さんは

宮崎駿監督の映画「となりのトトロ」の

主題歌「さんぽ」の歌詞も作った方なんですね。

冒頭の「あるこう あるこう わたしはげんき」は

映画を離れてもつい口ずさんでしまいます(笑)

中川李枝子

中川李枝子 写真

中川李枝子 写真

旧姓は大村。北海道札幌市に生まれる。4歳の時東京の祖父の家に移り、小学3年生までの幼少時を過ごす。その後一時札幌に疎開した後、戦後間もなく父とともに福島市へ移り、高校2年の時に再び東京に戻る。東京都立高等保母学院(現・都立高等保育学院)卒業。
保母として働きながら執筆活動を行い、1962年『いやいやえん』で厚生大臣賞・サンケイ児童出版文化賞・野間児童文芸推奨作品賞・NHK児童文学奨励賞、1980年『子犬のロクがやってきた』で毎日出版文化賞、2013年菊池寛賞、ほか数々の賞を受賞。その後も実妹の画家・山脇百合子(旧姓・大村)とコンビで、数多くの作品を発表。代表作に『ぐりとぐら』『そらいろのたね』『ももいろのきりん』など。エッセイ集に『本・子ども・絵本』がある。また、作詞家としても1988年公開のアニメ映画『となりのトトロ』のオープニングテーマ『さんぽ』[5] や『まいご』等数曲のイメージソングの作詞を手掛ける。
なお、童謡として長年親しまれている『げんこつやまのたぬきさん』も作詞したと紹介されることがあるが、これは誤りである(『げんこつやまのたぬきさん』の作詞は香山美子)。

参照:Wikipedia

絵を担当されている大村百合子さんは実妹なんですね。

もともとは保育士をされていたということなので、

たくさんの子供たちに触れているうちに

子供たちの目線で物事を見ることが

出来るようになったのかもしれませんね。

それがぐりとぐらシリーズが、

制作されて50年以上たっても

ストーリーが全く色あせず、

今日まで読み継がれて、

みんなに愛されている理由だと思いました。

それでは動画をご覧ください♪


にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ