『空とぶライオン』絵本の読み聞かせ/動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『空とぶライオン』絵本の読み聞かせ/動画

『空とぶライオン』絵本の読み聞かせ/動画

絵本: 空とぶライオン
作・絵: 佐野 洋子





空とぶライオン (講談社の創作絵本)

佐野洋子さんの絵本と言えば

以前、「百万回生きたねこ」を読んだことがありました。

その時は主人公の猫が好きになった白猫が

年老いて死んでいくシーンが

あまりにも悲しかったのを覚えています。

今回の「空とぶライオン」も

「百万回生きたねこ」と同じく、

生と死がテーマのような気がします。

絵本「空とぶライオン」のストーリー

猫におだてられて、毎日獲物を獲りに飛び出すライオン。

ライオンが疲れて昼寝をしたくても

猫たちはライオンが冗談を言っていると笑って、

本気にしてくれません。

ライオンの人の良さに付け込んで

獲物を取らせて楽をしていた猫たちのずる賢さが

何とも嫌な感じです。

それでもかわいそうなライオンは

毎日毎日、地面を蹴って狩りに出かけていました。

ある日いつものように猫におだてられて

飛び出そうとしましたが

そのまま倒れて動かなくなってしまいました。

『空とぶライオン』絵本の読み聞かせ/動画

『空とぶライオン』絵本の読み聞かせ/動画

猫たちはライオンが動かないのは冗談じゃないことがわかり、

シーンとしてしまいました。

それから何百年もたち

ライオンは、ある猫の親子の会話を聞いて

目を覚まします。

続きは読み聞かせ動画をご覧ください♪


ランキングに参加しています。
↓ポチッと投票、よろしくお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ