『どろぼうがっこう』絵本の読み聞かせ/動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『どろぼうがっこう』絵本の読み聞かせ/動画

『どろぼうがっこう』絵本の読み聞かせ/動画

絵本:どろぼうがっこう(かこさとし おはなしのほん)
作:かこ さとし(偕成社)




山奥の村はずれにある

どろぼう学校でのとても楽しいお話です。

作者の加古 里子(かこ さとし)さん(91歳)はとてもエリートな方のようです。

Wikipediaによると東京大学工学部応用化学を卒業し工学博士、技術士の肩書もあるようです。

1973年に47歳で会社を辞めてからは、フリーで作家活動をされているそうです。

その作風は

『だるまちゃんとてんぐちゃん』(1967年)に代表される「だるまちゃん」シリーズなどのユーモラスな絵本から、『かわ』(1966年)、『たいふう』(1967年)などのいわゆる科学絵本に至るまで、幅広い作風を誇る。
-Wikipediaより

とのことです。

本来かこ さとしさんは、

化学を子供たちに分かりやすく絵本で紹介するのが

得意だったようです。

しかし、今回の「どろぼうがっこう」のように

まったく科学とは関係ないような

楽しい絵本もたくさん手掛けているようです。

サラリーマン時代、ボランティアで

児童向け人形劇や紙芝居も行っていたらしいので、

子供たちが喜ぶツボをとてもよく知っているから

楽しい絵本をたくさん書くことが出来るのかもしれませんね^^

今回の絵本「どろばうがっこう」では

校長先生と、まぬけな生徒たちとの泥棒の授業や

実際に泥棒に入るところが面白可笑しく描かれています。

『どろぼうがっこう』絵本の読み聞かせ/動画

『どろぼうがっこう』絵本の読み聞かせ/動画

そして、アッと驚くラストシーンが待っています!

それでは読み聞かせ動画をご覧ください♪


ランキングに参加しています。
↓ポチッと投票、よろしくお願いします♪
にほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ